読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空回り水回り日報

衝動的に始めてみました。毎日発信していくことを第一目標としています。

読書をしたいと思うがYouTubeを見てしまう

  今年は新幹線に乗る機会が多くて本を読む時間が多いです.4年前に大学での初めての夏休みがあってそれが2か月という人生で最も長期の休みを経験したので暇を持て余していたので本を読んでいました.それまでは中学生の時はほとんど本を読んでいなく3年間で2冊くらいしか読んでいませんでした.読書感想文の宿題とかは同じ本で書いていました(笑)以前テレビで林先生が小学生の時は毎年同じ本を読んで読書感想文を書いていたと言っていました.同じ本を読んでも毎年読んだ感想が変化すると言っていました.それならいいと思うんですが,僕は前の年に読んだ本の記憶を頼りに適当に書いていたので馬鹿なことをしていたなぁと思い返しています.高校時代はなんだかんだ課題がたくさん出たり部活をやっていたりで本を読むことは無かったです.ゲームをするくらいだったら本を読んでおけばよかったなと後悔しています.ゲームをするより本の方が面白いって今は思います.

 大学1年の時に本屋で万能鑑定士Qの事件簿という本を見つけ帯に「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」と書いてあり衝動的に買ってしまいました.それの1巻から6巻位までを一気に読みました.ただ,今までほとんど本を読んでこなかったのに1週間で一気に読んでしまったので燃え尽きてそこからまた本を読まなくなってしまいました.

 そこから4年経って時間的にかなり余裕ができたのでまた本を読み始めました.そのきっかけとしては新幹線に乗っている時間に青空文庫夏目漱石の坊ちゃんを読んだのがきっかけでした.坊ちゃんが面白かったので本をたくさん読んでみようという気になりました.ただ夏目漱石の他の本(こころ,吾輩は猫であるとか)を読んでいたのですがちょっと難しいなと感じることが多くて挫折してしまいました.しかし松岡圭祐さんの作品は読みやすいものが多かったので万能鑑定士Qの事件簿を7巻から12巻まで,万能鑑定士Qの推理劇を全4冊,探偵の探偵を全4巻,探偵の鑑定を全2巻,万能鑑定士Qの最終巻,水鏡推理を4冊を今年は読むことができました.松岡圭祐さんの作品は読みやすくて自分に合っているかなと感じます.

 いろいろな本に興味があって買ってはいるのですがなかなか読めずに積読になってしまっています.12月中に「熊と踊れ」「ジェームズボンドはこない」を読みたいと思っています.とくに「熊と踊れ」は評判がいいようなので是非読みたいと思っています.12月はYouTubeを見る時間を減らして読書をする時間を多くできたらいいなと思っています.