読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空回り水回り日報

衝動的に始めてみました。毎日発信していくことを第一目標としています。

相撲と僕

僕のはなし

 九州場所14日目が終了し鶴竜が7場所ぶり3度目の幕内優勝を決めました。今年は琴奨菊白鵬日馬富士豪栄道鶴竜と優勝者が多い年だったなと感じます。

 話は僕の相撲の歴史になります。小学生の時、武蔵丸貴乃花の優勝決定戦で貴乃花が優勝を決めた後に鬼の形相をした取り組みが僕の最も古い相撲の記憶になってます。中学生の時は朝青龍白鵬の全盛期になりました。テレビで朝青龍がバッシングされることが多かったのが原因なのか周りが白鵬びいきだったなか朝青龍を応援していました。朝青龍白鵬の千秋楽相星決戦はとても興奮した記憶があります。朝青龍白鵬青白時代が僕が相撲を見てきた中で最も相撲に対してワクワクしていた時期だったかもしれません。高校時代は忙しくて相撲を見る機会は少なかったので記憶があまりありません。

 大学入学後は比較的時間に余裕ができて相撲を見る時間が増えました。ここ数年は白鵬の一強で他の力士がパッとしないなぁと感じています。日馬富士も優勝回数が少ないわけではないですがどうしても白鵬と比べてしまいます。やっぱり同じ力の2人がいると見ている側はワクワクするものなんじゃないかなぁと思います。

 話はガラッと変わって僕の好きな力士を挙げるとすると貴乃花朝青龍白鵬把瑠都、勢ですね。初めの3人は単に強いから好きですね。ただそれだけの理由です。勢に関しては一文字の四股名というのが印象的で注目して取り組みを見続けたらどんどん好きになっていきました。大きな体で魅力ある相撲を取ると思うんですが上位陣になかなか勝てないのがとても残念です。一皮むけて三役定着を狙っていってほしいです。

 把瑠都は最も好きな力士かもしれません。あの金髪でとても大きな体と相手の肩越しにまわしをつかむダイナミックな取り口にすごく魅力を感じました。初優勝をしたときはとてもうれしかったです。ただ優勝回数がこの1回だけになってしまったのは残念でなりません。白鵬は雑誌で、肩越しでまわしをつかむのは膝が伸びた状態になり膝の怪我が増えてしまう。また、ここ一番で鬼になれない性格の優しさが横綱になれない理由だったのではないかと書いていました。僕は怪我がなければ横綱まで登りつめて白鵬と1時代を築いていたのではないかなぁと考えてしまいます。照ノ富士も初優勝をしたときはすぐに横綱になるだろうと思いましたがケガに泣かされています。照ノ富士はケガを治して横綱になってほしいです。把瑠都に関しては現在格闘家として活動しているようなので頑張ってほしいな思います。

 僕の相撲の歴史はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

明日は1年間の最後の九州場所千秋楽!鶴竜の優勝は決まったけど稀勢の里は単独年間最多勝を決めてくれ!

 

f:id:karashimamari:20161127023036j:plain